アサリちゃんは猫である

甘えん坊でいつも家族のそばに居るブリティッシュショートヘア のアサリの日々の記録を含めた日常の観察日記

映画評論猫Asari☆「ヘッドハンター」を語る。シアターアサリ スペシャル第5弾

皆さん、こんばんは。

アサリのこの映画見Nightのお時間です。

どうも最近毛の抜け替わりが激しい映画評論猫のアサリです。

飼い主の2人は毎朝ヒーヒー言いながらブラッシングをしています。

f:id:asarinokaasan:20210923213259j:image

さて、今日おすすめする映画は2011年のノルウェー映画「ヘッドハンター」です。

皆さん、ノルウェーと聞いたら何を思い浮かべますか?

アサリはサーモンと学生時代に読んだノルウェーの森が頭に浮かびました。

(いやいや、学生時代って学校なんて行ってないやろ。そもそも本読めないよね)

この「ヘッドハンター」という映画は、表向きは有能なヘッドハンターとして働き、裏では美術品泥棒をしているというお話です。

では、さっそく評価に参ります。ドルルルルルルルル…(ドラムロール)バン!!

☆マイナス2兆!!!何故マイナス2兆かと言うと、ネタバレになるのであまり言えませんが、犬が可哀想過ぎます。猫のアサリ的には、犬のことなんか特に気にしてはいなかったのですが、この映画を見たら、「おいおいおいおい、ちょっとやり過ぎだろ!ノルウェー動物愛護団体どうなってんだよ!北欧とかヨーロッパは動物に優しい国じゃないのかよ⁉︎」って思いました。

今はコロナ禍だから、直接ノルウェーにフライトで行けないけど、今度時間を見つけて監督に電話で説教してやります。(いやいや、コロナ関係無しに1人で飛行機のって海外行けないでしょ!それに電話するって言ってるけど、アサリちゃんの肉ぎゅうじゃiPhone反応しないよ)

f:id:asarinokaasan:20210923214232j:image

うちの人間が言うにはね…

⚫︎ノルウェー映画は、記憶では初めて見たと思うが、やはり本番ハリウッドと作りが違う感じがした。当たり前だが、役者さんが皆、ヨーロッパ系の顔立ちという事と、

逃げるときEU圏内は自由に行き来ができるので、アメリカならメキシコに逃げるという緊張感があるがそれが無い。例えば海外ドラマ「プリズンブレイク」や映画「ボーダーライン」を見て感じた国境を越えるという緊張感が感じ取れない。

それでいて、人々の服装や建物、たたずまいが鮮麗されていてどことなくモダンで美しい。

⚫︎肝心な映画の内容は、クライムサスペンス特有の程良い緊張感と、120分で起承転結が綺麗にまとまっていた。最後ご都合主義的なところはあったが、それも含めて綺麗な終わり方だったと思います。

あと、余談ですが、国によってグロとエロの規制の事は分からないけど、

大人が見てもちょっとビックリするようなシーンが少しあったので、要注意です。

と、うちの人間が偉そうに言ってました。

ノルウェーフィンランドもわからないくせにね!

f:id:asarinokaasan:20210923213743j:image

それでは皆さん。サヨニャラ、サヨニャラ、サヨニャラ。

只今「ヘッドハンター」Amazonプライム映画でやっております!

 

今日のアサリちゃん

f:id:asarinokaasan:20210923214141j:image

アサリちゃんのお腹の毛柔らかいんだぁ〜。

 

二つのブログランキングに参加しています。

励みになるのでクリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ