アサリちゃんは猫である

甘えん坊のブリショーのアサリとの日常や日々の生活の記録(映画、料理、日常)

映画評論猫Asari☆「第五惑星」を語る。

皆さん、おはこんばんちは。映画評論猫のAsari☆です。

f:id:asarinokaasan:20211019213150j:image

今回は、ある一定のファンから熱烈に支持されているこのコーナー「名作映画を語る」です。では、語らせて頂きます。タイトルは「第五惑星」1985年のアメリカ映画です。

監督はあの有名な「ネバーエンディングストーリー」の監督ウォルフガングペーターゼンです。

「第五惑星」ストーリーをザックリ説明すると、宇宙進出した地球人とドラコ星人が戦争をしていて、主人公の地球人とドラコ星人の1人が未開の惑星に不時着をして、最初は敵対しながらも次第に協力し合い、種族や性別を越えた友情を育むストーリーです。

まずこの映画、ただのSF映画ではござあせん。

普通の人が、SF映画と聞くと、

宇宙船ドッカーン!

ハイパーループ、ズドーン!

ビームライフル、ピュンピュンピュン!

悪の提督、ガッハッハ!!

な、スターウォーズ的なスペースオペラを思い浮かべがちですが、

「第五惑星」はそのようなシーンが無いわけでは無いのですが、基本的なシーンやテーマは人種性別を越えた博愛の物語となっております。

これはネタバレではありませんが、ドラコ星人は、地球人と違い雄雌同体で、見た目も爬虫類っぽい。そんなドラコ星人と主人公の地球人が、いかにして友情を育むか。それは、ドラコ星人ならではの体質が大きく関係しています。そしてその事により、主人公は、命を懸けてその友情を守る為の行動をしていきます。

はっきり言ってSF好きを語るなら、絶対見ておいたほうがいい作品です。

1985年の映画にしては、古さはそこまで感じず、敵が味方になり友情を育むという王道ストーリーですが、これがSFと見事に融合してとても良質なケミストリーをしております。例えるなら、清水翔太加藤ミリヤ(アサリギャグです)

携帯の前で、笑い転げていたSG &SB(しじみガール&しじみボーイ)の皆さん、

起き上がって今すぐレンタルショップはGO!

それでは、皆さん。サヨニャラ、サヨニャラ、サヨニャラ。

 

今日のアサリちゃん

f:id:asarinokaasan:20211019213830j:image

f:id:asarinokaasan:20211019213820j:image

目やにで動物病院行ってきました。

オヤスミ

二つのブログランキングに参加しております。

励みになるのでクリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ

 

asarichanwanekodearu.hatenablog.com