アサリちゃんは猫である

甘えん坊のブリショーのアサリとの日常や日々の生活の記録(映画、料理、日常)

映画評論猫Asari☆なんと、あの、「レヴェナント蘇りし者」を語る!

皆さん、おはこんばんちは!映画評論猫のAsari☆です。

f:id:asarinokaasan:20211206211732j:image

今日もネタバレ無しでお送りしたいとおもま!

ここで1つ訂正がございます。先日こちらのブログで、

asarichanwanekodearu.hatenablog.com

アサリ流のクマの倒し方をご紹介しましたが……

アレ忘れてください。所詮アサリは3.6キロのか弱い女の子。(アサリちゃんサバよんでるね。本当は3.9キロでしょ!!)

なんでそんな想いに至ったかって?そう、勘のいいSG &SBならわかるよね?

f:id:asarinokaasan:20211206211806j:image

あの映画をアサリは観ちまったのさ!!その映画とは、2016年アメリカ製作映画レオナルドディカプリオ主演「レヴェナント蘇えりし者」

クマ映画好きのアサリにとって、この映画のクマとの格闘シーンは、ヤバいを通り越して、ドバイ!!!クマが出てくることは知っていたけど、ガッツリストーリーに絡む重要な事件をあのクマちゃんが起こしてくれた。

クマとの格闘シーン実際見たことないけど、多分超リアル。

200キロ以上あるクマが突進してきたり、噛み付いてブンブン振り回したり、鋭利な爪で手足背中ザックザク!!鼻息フガフガ顔をペロペロ、腕をカミカミ…余りの迫力にアサリちびりそうになったよ。(アサリちゃん、本当にちびりそうになっていて急いでトイレに駆け込んだのは2人だけの秘密だね♡)

f:id:asarinokaasan:20211206212638j:image

映画のストーリーも、インディアンに襲われたり、クマに襲われたり、またインディアンに襲われたり、インディアンを助けたり、助けられたりラジバンダリ。

この映画を観た感想は…

怪我が痛々しい。

冬は寒い。

クマに襲われて瀕死で動き回る姿や、ガンガン弓矢を打ってくるインディアン、

足やお尻に刺さる矢、どれも痛々しいし寒いし超過酷!

アサリの映画観の中で3つ絶対的な定説があったのですがそれが打ち砕かれました。

1つ目、分かれ道で主人公と行動しないグループは死ぬ。

2つ目、陽気な黒人は(俳優よりラッパーが演じる場合)最後まで生き残る。

3つ目、序盤から中順にかけて怪我をした人は途中で死ぬ。

どれとは言えませんが、この中の1つがひっくり返ります。

アサリがこの映画を観て学んだ事!

・火打ち石とナイフ、乗馬の技術は身に付けておくこと。

・大怪我しても諦めないこと。

・いざとなったら生肉も食べなさい。

・海の上、雪山、砂漠はやっぱり過酷。

f:id:asarinokaasan:20211206212521j:image

以上が映画の感想です。

PS.もし森でグリズリーに出会ったら、アサリは前みたいな戦い方ではなく、

クマの眉間にピストルズドン系でいきます!

それでは皆さん!サヨニャラ、サヨニャラ、サヨニャラ。

f:id:asarinokaasan:20211206213107j:image

只今、「レヴェナント蘇りし者」Amazonプライム・ビデオ対象となっております。

 

今日のアサリちゃん

f:id:asarinokaasan:20211206213132j:image

ブログ書いてたら隣でこんな顔。