アサリちゃんは猫である。

甘えん坊のブリショーのアサリとの日常や日々の生活の記録(映画、料理、日常)

アサリの母キャンプに行く〜試練の時、災害級豪雨篇!?〜

皆さん、おはこんばんちは。

いや、お久しブァッファロー!

アサリの母です。

f:id:asarinokaasan:20221012215606j:image

久しぶりの更新ですね。

この連休我々アサリ一家は、友人に誘われて人生二度目のキャンプに行きました。

二度目のキャンプという事もあり、少し余裕があったアサリ一家でしたが、

1週間前に驚愕の事実を知ることになりました。

f:id:asarinokaasan:20221012215712j:image

それは…

そうさ100%天気雨♪

もう覚悟決めるしかないさ♪(忍たま乱太郎OP風)

まさかの、雨100%

どんなに祈ってもてるてる坊主つるしても、覆らない100%

普段、永遠や神など信じないアサリの母でも、アメダス100%は盲目的に信じてしまう。

これによって、我が家のゆるく楽しいキャンプは、過酷でまるでレンジャー部隊のような一泊2日へと様変わりしてしまいました。

f:id:asarinokaasan:20221012220926p:image

100%雨予報なので、テントやタープを次の日家で干すのが大変と思い、

キャンプ場でテントとタープをレンタルすることにしました。

その他、雨だからといって買い足したものや変更した物はなく、タオルと濡れたものを入れるビニール袋を多めに持っていきました。

キャンプ場に着くまでの道中は、薄曇りで涼しく、気持ちの良い秋の季節を感じる陽気でした。

f:id:asarinokaasan:20221012221421j:image

しかし…キャンプ場に着いて少しすると、神様は我々一家を嘲笑うかのように、大粒の雨を容赦なく降り注いできました。

雨の中、主人はカッパを着て必死にテントとタープを建てました。

しかし、テントとタープは思い他小さく、荷物の雨よけには心もとないので、一緒に行った友人の6メートル級のタープの下に、調理器具やその他もろもろを置かしてもらうことにしました。

ここからは、雨も小雨となり、快適な雨キャンプとなり友人のタープの下で、ご飯を作ったり、遊んだり、見事なチルアウトをかましてきました♪

f:id:asarinokaasan:20221013113637j:image
f:id:asarinokaasan:20221013113634j:image

晩御飯を食べ、

f:id:asarinokaasan:20221013113359j:image
f:id:asarinokaasan:20221013113357j:image

f:id:asarinokaasan:20221013113808j:image

キャンプ場から車で10分の大きくて綺麗な温泉施設に行きました。

風呂上がりはもちろんアイスクリーム♪

ここまでは雨が降ったとはいえ、なかなか有意義なレインキャンプでした。

が、しかし!!!

夜になると、それまでの雨量とは打って変わってえかわっの豪雨。

f:id:asarinokaasan:20221013114346p:image

9時過ぎにテントに入った我々アサリ一家は、すぐ頭の上でヘリコプターでも飛んでいるかのような、はたまた近くで誰かが何時間もマシンガンをぶっ放しているかのような、とんでもない音が夜中中鳴り響いておりました!

その音により、1時間に1回は目が覚めてしまうという悪循環。

f:id:asarinokaasan:20221013114538p:image

それでも人間不思議なもので、午前2、3時ごろになるとすっかり音にも慣れ、深い眠りに落ちて行きました。

朝6時ごろ、テントの中から薄明かりが見えると、私達はテントの外へと出ました。

(テントの中にも雨水が…)

f:id:asarinokaasan:20221013114721j:image

すると、衝撃の景色が広がっていました!!!

なんと、昨夜の豪雨の影響で借りていたタープが見るも無惨。

グッシャグシャのボッキボキの、グッチャグチャのプランプランになっていました。

そしてあろうことか、友人のタープも一部倒れており、我が家の荷物は水槽の中にあるかの如く、ビッチャビチャのグッチャグチャでした。

何とか無事だった食材で、友人に朝ごはんを作ってもらい、そこから11時のチェックアウトまで約4時間、ひたすら片付けと撤収の過酷な時間でした…

f:id:asarinokaasan:20221013115525p:image

特に、濡れてダメになったものは、ゴミとして捨て、まだ使えるものは一から丁寧に乾かすという作業をひたすら繰り返す。

ふと、周りのベテランキャンパー達を見ると、みんな手際よく撤収を済ませ、残っていたのは我々アサリ一家と友人達だけでした。

f:id:asarinokaasan:20221013115738j:image

なんとか、時間内に撤収を終えた私たちは家路に着くことができ、

帰ってからまた濡れた装備を庭で乾かすという作業&大量の濡れた衣類をコインランドリーで乾かすという作業。

まさに、なんの為に行ったかわからない…そんな言葉が頭によぎりましたが…

f:id:asarinokaasan:20221013120459p:image

晴れの日キャンプに続き、雨の日キャンプを経験した我が家は、雨の日の立ち回り、必要な装備、心得、その他もろもろの経験値が上がりました。

ドラクエで例えると、まぁまぁ序盤でメタルキングスライムに魔神斬りをかましたくらい、経験値がアップしました。

f:id:asarinokaasan:20221013120002p:image年に2回、雨と晴れのキャンプを経験した我々に、もはや死角はない!!!

f:id:asarinokaasan:20221013120637p:image

PS.後日弁償するタープの値段はいくらになるかドキドキでたまらない、アサリ一家です。

前回のキャンプの記事はこちら♪ 

 

asarichanwanekodearu.hatenablog.com

 

今日のアサリちゃん

f:id:asarinokaasan:20221013120150j:image